貴重な旅行体験

合宿免許にもデメリットは存在しています。それを知り、実際に通学と合宿免許はどっちがいいかということを比較してみましょう。

合宿免許のデメリットといえば、ある程度の期間休みを取ることが出来ない人たちはなかなか免許取得が難しいことです。社会人になってしまえば、やっぱり合宿免許に行くのはかなり難しいです。最短で14日と言いますが、会社でなかなか14日という休みを取ることなんて不可能です。運転免許証のためといえば、「なんで、学生のうちに取らなかったんだ!」と叱られてしまうでしょう。社会はそれ程甘い訳ではありません。

だから、合宿免許に行けば、ほとんど若い人たちばかりなのです。あなたは特別な環境のもと、休みが取れたとしても、あまりにも若い人たちばかりで浮いた感じになってしまうというも実際にあることです。

ある程度期間が合宿免許には必要なため、夏休みや春休みに合宿免許に時間をさくのは非常にもったいないという人たちもいます。しかし、実際に行けばそんな思いもなくなり、なんと言っても合宿免許は一石二鳥の方法であって、友だちと旅行気分にひたり、いつの間にか免許取得ができたような感じであり、とても充実した共同生活を送ることが出来ます。若い人たちだからこそそんな貴重な体験をして欲しいですね。